HSPさんが筋トレをするメリット・デメリット

女性

HSPが筋トレをするメリット、デメリットを知りたい
実際HSPさんが筋トレしてどうなったかを聞いてみたい

HSPさんが筋トレをすることには、身体だけでなくメンタル面にもよい影響がありますが、HSPさんならではのデメリットもあります。

今回は実際に筋トレを初めて7か月になるHSPしののめが、HSPさんが筋トレをするメリットとデメリットを詳細に解説します。

しののめが通っているのはカウンセリング+トレーニングが無料で体験できる女性専用パーソナルジムReborn myself(リボーンマイセルフ)です。

HSPさんが筋トレを行うメリット3つ

HSPさんが筋トレを行うメリット1. ストレス解消

筋トレは、ストレスホルモンであるコルチゾールのレベルを下げる効果があります。ストレスを効果的に軽減するために、定期的な運動は重要です。HSPさんは環境からの刺激に敏感で、ストレスを感じやすいですが、筋トレによってそのストレスを和らげることができます。

運動後に分泌されるエンドルフィン(幸福ホルモン)は気分を良くし、心身ともにリラックスできます。HSPの過敏な神経を鎮めるのに効果的です。

しののめ
運動後の爽快感と程よい疲労感は癖になります
そして寝つきも良くなる

HSPさんが筋トレを行うメリット2.自己肯定感UP

筋トレを続けることで体力や筋力が向上し、見た目も変わってくるため、自己肯定感が高まります。HSPさんは自己評価が低い方が多いですが、トレーニングの成果が目に見える形で現れると、自分自身に対する自信がつきます。筋トレの成果を通じて自己肯定感を高めることができます。筋トレの継続と成長の実感が、目標達成感をもたらし、精神的な充実感も得られます。

しののめ
見た目も変わるし、扱える重量が増えるので、成果が目に見えるのは楽しい!

HSPさんが筋トレを行うメリット3.体調改善

筋トレにより、全身の健康を向上させることは、身体的な健康問題を抱えやすいHSPさんにとって大きなメリット。筋肉がつくと疲れにくくなります。

しののめ
筋肉がついてきたからか、仕事の疲労感が少なくなりました
上げる重量は増えているのに、腰痛がなくなったのは嬉しい!

HSPさんが筋トレを行うデメリット3つ

HSPさんが筋トレを行うデメリット1. 過剰負荷かけがち

HSPは疲労感を強く感じやすいのに、自分に対して過度な期待やプレッシャーをかけてしまいがち。そのため、トレーニングを楽しむ余裕がなくなることも。トレーニングと休息のバランスを取るのが難しい場合があり、結果として過労や怪我のリスクが増えてしまいます。

HSPさんが筋トレを行うデメリット2. 環境のせいで精神的に疲労しがち

HSPさんは騒がしい環境や人混みが苦手。筋トレ中の音楽や機器の音、人々の動きなど、ジムの環境が刺激的すぎる場合があります。これがストレスとなり、精神的な疲労を引き起こすことがあります。

HSPさんが筋トレを行うデメリット3. 継続の難しさ

HSPさんは環境や気分に敏感なため。モチベーションを維持するのが難しいことがあります。 HSPさんは定期的に休息を取り、回復に時間をかける必要がありますが、これがトレーニングの継続性に影響を与えることがあります。

HSPさんが筋トレを行うデメリットを解消するにはパーソナルトレーニングがおすすめ

HSPさんが筋トレを行う上でのデメリットは、パーソナルトレーニングジムに通うことで解消出来ることが多いです。

HSPさんは頑張りすぎる傾向がありますが、パーソナルトレーニングなら、その時の貴女に合った運動負荷をかけてくれるため、回復に時間がかかるようなことにはなりにくいです。パーソナルトレーニングジムの環境は一般的なスポーツジムの環境より静かで落ち着いていることが多いです。運動以外の疲労を排除した空間で運動することができます。パーソナルトレーニングジムのトレーナーは貴女が運動を続けられるようにベストを尽くしてくれます。1人では運動が続かない人でも継続しやすい環境になっています。

しののめが通っているのはカウンセリング+トレーニングが無料で体験できる女性専用パーソナルジムReborn myself(リボーンマイセルフ)です。